コスメや美容情報[ビューティーコスメ]

Beauty Cosme

ヘアケア・ボディケア 美容法

『日焼け止め』の正しいつけ方!紫外線の強い夏の時期の必需品

更新日:

natsu

日常生活にあったタイプの日焼け止めを

1年で一番紫外線が強い時期。夏ももちろん強いのですが、最大に観測されるのが、5~6月だと言われています。


ですから、夏から日焼け止めを塗るのではなく、5月上旬からしっかりと日焼け対策をするようにしましょう。


日焼け止めは、SPFのタイプが沢山ありますが、日常生活にちょうど良いのはSPF30程度の物。外で活発に動く方は、SPF50の強めの物を選ぶと良いでしょう。


日常生活にあった日焼け止めを使う事で、より効果的に使用できます。

shigaisen

日焼け止めの正しいつけ方

さて、皆さんは日焼け止めを塗り込めば良いと思っていませんか?


実はこれは間違った塗り方なのです。


日焼け止めは塗り込むのではなく、「置き塗り」を意識してください。
特に顔は日差しを浴びやすい場所です。


顔の置き塗りのやり方を例に挙げてみましょう。


まず、おでこ・鼻・頬・あごに日焼け止めを少量づつ置きます。
そして、塗り込むのではなく、たたくように全体に伸ばしていきましょう。


これがむらなく塗るコツです。


体も同じ様にして塗ります。
塗り込む方法よりも時間はかかりますが、こちらの方が確実に日焼け止めの効果を発揮できる方法です。

Sponsored Link

-ヘアケア・ボディケア, 美容法

Copyright© Beauty Cosme , 2019 All Rights Reserved.