コスメや美容情報[ビューティーコスメ]

Beauty Cosme

スキンケア 美容法

『メラニン』は肌によくない?実はメラニンは肌を守る役割が!

更新日:

foreign1

色素を作るメラニン

メラニンは肌に良くない、と思われがちですよね。


確かに、メラニンの過剰分泌は肌にとって良くない事でもあります。
ですが、そもそもメラニンとは、私達の肌の色素を作りだす成分です。


メラニンが生成できないと、私達の肌は健康的な色を作り出せません。


シミをつくる主な原因は、メラニン本体ではなく「活性酸素」にあります。


メラニンと活性酸素が結びつく事で、残念ながらしつこいシミやシワが生まれてしまうのです。
ですから、私達はまずはメラニンを怖がるのではなく、体の中に活性酸素を作らない事が美肌作りに役立つ事になります。

活性酸素を作らない体にするには?

活性酸素が体に充満していると、美肌作りを阻害するほか、がんや生活習慣病などを引き起こす原因になります。


では、どうすれは活性酸素を作らない体になるのか?
少し考え見てましょう。


活性酸素を作らない体というのは実はなく、活性酸素を作らせない体にする。というのが正しい表現です。


活性酸素は、食生活・ストレス・排気ガス・紫外線などなど、私達の環境をとりまくありとあらゆるものが原因になります。


ですから、日ごろからこれらの要因を取り除くことが、活性酸素を作りにくい体づくりに役立ちます。

Sponsored Link

-スキンケア, 美容法

Copyright© Beauty Cosme , 2019 All Rights Reserved.